省エネ住宅と健康の関係

断熱リフォームで家は長持ち!人は健康に!

 

日本人の我慢強さが仇になる?

い問題 部屋の寒さが健康を害する要因に

 

 

近年、『室温』が 健康に直結していることが、様々な研究から分かってきました。

諸外国では18~23℃の最低室温規制があり、先進のイギリスでは最低室温が18℃未満の賃貸住宅には解体命令府が出るほど。寒い家では病気の発症リスクが高いことが理由です。

 

ご存じですか?
家庭内の事故は『冬場に増える』こと

 たとえば

【ヒートショック】 急激な温度差によっておこる血圧の乱高下脈拍が変動する現象

かいリビング→ え切った脱衣所→い湯に浸かるなど、家の中の急激な温度差は脳卒中心筋梗塞の引き金に。

 

ヒートショック血圧の乱高下

 

★ヒートショックが原因のひとつである入浴中の死亡推定数は約1.9万人/年間!

 

交通事故死者数約4000人/年間のなんと約5倍 ‼ ※ヒートショックが原因での転倒や溺死が起きるケースも含む

 

 

真冬の起床時の暖かい布団の中部屋の温度差

暖かいリビングから寒い廊下トイレなど温度差大きい

  ↓ ↓ ↓

入浴時以外にもヒートショックの危険は家の中の至る所に!

 

他にも

【体の免疫力の低下】

体が冷えると血行や代謝が悪くなり、体の免疫力が低下して様々な健康リスクが高まります。

 

【12℃未満では夜間頻尿リスクが5倍】

 寝室が寒いと質の良い睡眠がとれず、夜中に何度もトイレに起きる過活動膀胱や寒いトイレでのヒートショックや転倒などのリスクが高まります。

12℃未満では頻尿リスクが5倍ともいわれています。

 

【アレルギー症状発症の可能性】

 温度差で窓に結露が発生することにより、カビやダニを原因とするアレルギー症状の引き金となる可能性があります。

 

 

暖かい家は寿命を延ばす

\冬暖かく夏涼しい家が当たり前の時代になった/

 

これから新築をお考えならもちろんですが、既に建てられたお住まいは断熱リフォームで改善しましょう。

 

 お家を暖かく保つには、窓・壁・床・天井から
逃げてしまう熱を、シャットアウトする必要があります

 

LIXILここちリノベーション性能向上リフォーム

 

\断熱性能3段階 レベル別リフォーム/

規模・施工法・性能に合わせた断熱工法が選べます。

 

 

 

①【開口部断熱リフォーム】

 

お手軽でもあなどるなかれ!窓と玄関の1dayリフォームでも段違い!
LIXILの断熱仕様の窓や玄関への取付交換で手軽に住まいの断熱性能UP!

 

・カバー窓交換

・内窓取付 

・カバー玄関ドア交換

 

 

②【ココエコ断熱リフォーム】
 
部屋別部分断熱工法

 

家全体ではなく、ひと部屋ごとの断熱性能を高めた部分断熱リフォーム。

既存の窓や内装材の上から取り付けるだけでスピーディに断熱改修が実現。

 

・内張り断熱パネル(壁・床・天井)+ 開口部断熱リフォーム

 

 

③【まるごと断熱リフォーム】ZEH基準相当 
 
1棟まるごとスケルトン工法

 

間取りや内装・設備など、住まい全体を一新するスケルトンリフォーム。

トップレベルの断熱性など高性能住宅が実現。

 

 

 健康面だけではない!保温性の高い家のメリット

 

★暖房の効きがよくなる。早く暖まり、少ない熱で暖かさをキープ。

 ★暖房を切ってからの室温の低下が少なく緩やか。

 ★窓からの冷気の流入が改善され、結露の予防対策にもなる。

 ★省エネ

 

などなど様々なメリットが得られますが、どこまで断熱性能を上げたらよいのか悩みますよね。

 

 ざいまん建設では、築年数、お客様のこれからの住まい方、ご予算などをお伺いして効率的な断熱工法をご提案致します。

また対象の補助制度があればご利用いただけます。

 

           詳しくはコチラから ↓ ↓ ↓

開口部断熱工事へ

≫窓・玄関の断熱リフォーム

LIXIL ココエコ 部屋ごとの改修へ

≫ココエコで一部屋断熱リフォーム

家全体まるごと断熱改修へ

≫一棟まるごとスケルトン工法

 


 \リフォーム資料をプレゼント/

ii資料のご請求ij

 

ページトップへ