OMソーラーの家

OMソーラーと暮らしを愉しむ

「太陽の熱」という自然から賄えるエネルギーを上手に利用したのが、「OMソーラーシステム」。

このシステムは、太陽熱を利用すると同時に、空気を利用してその熱を運ぶという点が大きな特長です。

冬は屋根で太陽熱を取り込み、基礎のコンクリートに蓄熱して床から温めます。

夏は太陽の熱でお湯を採ることに利用します。そして家のどの部屋にいても快適な室温を保ち、それを省エネルギーで実現する仕組みです。

 

ご訪問エピソード * 冬 *

おばあさまに晴れた日の翌朝お会いすると「寝ていて汗をかくくらいだよ、ナベちゃん」と言われました。OMの暖かさで、分厚い布団が必要なくなったそうです。

夜中や早朝に布団から出てトイレに行っても、古い家の頃のように温度差でヒヤッとして、寒さで震えることがないそう。同居の息子さんご夫婦も安心のご様子でした。

いつまでもお元気で、またお話聞かせてくださいね。                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

普通は寒いトイレや洗面所ですが、こちらの家は違うのです。OMソーラーのおかげで、ふんわりあったかです。水廻りの室温もきちんと考えられています。初期の頃のモデルなので、雪の日など太陽の出ない日は補助暖房として薪ストーブをお使いです。

自然エネルギーを効率よく使って環境負荷を低減し、将来に渡り快適な暮らしが送れるように「太陽の熱」を集め、利用するOMソーラー。

貯めた熱を「空気」で上手に流すことにより、夏は夏らしく、冬は冬らしい快適な環境で四季を過ごす事ができる住まいが出来上がるのです。

OMソーラーの真価がリビングに現るH様邸。大きな吹き抜けがあるリビングにもかかわらず、室内の温度は床から吹き抜け天井まで、ほどよく一定に保たれているのがOMのすごいところです。

無垢の床材はや左官で仕上げた壁の調湿機能は梅雨時にも発揮し、年中快適に過ごせるリビングです。

 

こちらの住まい手様インタビューを見る ≫

ざいまんの家|OMソーラーの家

ページトップへ