住まいづくりの流れ

 

01 ご相談・土地探し

家を建てようと思ったら……まずは、わたしたち、ざいまん建設にご相談下さい。 不動産事業も行っていますので、土地探しの段階からお手伝いが可能です。 まずは、お気軽にお問い合わせください。

02 敷地調査

敷地調査は、住まいづくりを具体的に進めるために欠かせないものです。 敷地の大きさだけでなく、高低差、方位、日当たり、水路などの有無、周囲の建物との関係や上下水道、ガス、電気などのインフラ、法的な規制、その手続きについて詳しく調べます。

03 ヒアリング

住まいを計画するにあたって、家族構成、ライフスタイル、ご趣味などお客様のことや、新しい家への具体的なご要望をお聞きします。 「住まいづくりの構想」にご記入いただき、こちらをもとにお話をお伺いします。

04 プランニング

お客様のご要望をお聞きした上で、その土地に合わせたプランを作成します。 住まいづくりの基本となるプランはとても大切です。 じっくりと満足のいくプランが出来上がるまで何度も打合せを重ね、かたちにしていきます。

05 見積用図面作成・見積り

プランが出来上がりましたら見積用の図面を作成します。 仕上表なども作成し、外装材や内装材、住設機器なども仮に決めていきます。 図面が出来上がったら、それを元に見積りをします。 大雑把な概算の見積りではなく、図面から細かく拾い出しをして積算しますので、お時間をいただきます。

06 見積り提示

見積り金額を提示し、工事費は予算に合っているのか、無駄なものはないか、必要なものはないか、金額と向き合いながら確認をし、必要な場合は変更や修正をします。 大枠で予算に合いそうなら、地盤調査をし、建物を建てるのに充分な地盤であるかどうか確認します。 地盤改良が必要な場合は、その見積りも行います。

07 工事請負契約

図面と見積り、両方に納得いただければご契約となります。 見積用図面の他に契約用の図面として、建具表、展開図、詳細図、電気図なども作成し、スイッチやコンセントの位置なども確認できるようにしています。

08 仕様打合せ

内装・外装材の色、照明器具やスイッチ、コンセントの位置などについて細かく打合せをします。 サンプルを見ていただいたり、カタログで確認します。 キッチンやトイレ、ユニットバスなどは住宅設備メーカーのショールームを訪問し、内容を確認していきます。 変更があった場合は契約金に対して追加増減処理をします。

09 着工

建築確認が下りましたら、地鎮祭を経て着工となります。 着工からおよそ1ヶ月で上棟を行い、その後屋根や外壁などの外部工事、床や天井、断熱材などの内部造作工事など順番に進みます。 工事期間中、瑕疵担保保険の現場検査が行われます。(配筋検査、構造躯体検査の2回) 保証に関わる大切な検査です。

10 完成・お引き渡し

完了検査を受け、仕上がり状況を確認し、最終調整の後、お客様へお引渡しとなります。 取扱い説明をして、鍵と保証書など一式、厚いファイルをお客様にお渡しします。 これからが新しい暮らしのスタートであり、私たち工務店との永いお付き合いの始まりです。

新築・注文住宅|住まいづくりのご提案

ページトップへ