OMソーラーのしくみ

家全体を温める冬の床暖房、風の流れで涼しい室内環境をつくる夏、四季を通じて快適な暮らしを目指す、OMソーラーのしくみをご紹介します。

 

* 冬のしくみ  太陽で家全体を暖める

屋根に降り注ぐ太陽の熱を利用して、冬の冷たい外気を暖めます。 暖まった空気は、屋根の通気層からハンドリングボックス内の小型ファンの力を借りてダクトを通して床下に送られ、基礎コンクリートに熱として蓄えられます。 蓄えられた熱はゆっくりと放熱して建物全体を床から温めます。

 

 

OMソーラーの暖かさは、とてもゆるやかで自然です。 一般的な暖房に身体が慣れていると、初めのうちは物足りないと感じるかもしれません。 しかし、家全体の床が冷たくないので、北側のトイレや洗面所など、どこでも温度差がないのでヒートショックの危険が低く、安心して過ごすことが出来ます。

また、OMソーラーシステムが稼働している間は、常に新鮮な空気を暖めながら家の中に取込むので、 換気による熱損失を気にかけることなく、暖かく健康的に過ごすことができます。

 

*夏のしくみ  太陽でお湯を採る

 

 

春から秋は屋根の熱をお湯を採ることに利用し、余った熱を屋外へ排出します。 30~50℃のお湯が1日約300リットルとれます。 太陽の熱がお風呂やシャワーのお湯に使えて経済的です。

また、夏の晴れた日の夜は、放射冷却により屋根が冷えます。 この放射冷却を利用して、室内よりも低い温度の空気を取り込みます。 冷房とはいかないものの、少しでも涼しい夏の夜を、と考えられたしくみです。

 

 * シミュレーション 快適と省エネを予測

 

自然を活用するOMソーラーの家づくりは、その地域の気象を知ることから始まります。

OMソーラーでは、気象庁観測の「アメダス気象データ」から解析プログラムをつくり、地域特有の微気候を分析し、プランに盛り込んでいきます。

自然との応答を基本とするOMソーラーの家づくりにおいて、その設計に「プラン」「OMソーラーシステム」「建物の性能」を一体として考え、進めていくことが求められます。

そこでOMソーラーでは、工事着工前に温熱環境を算出し、独自のシステム「OMシミュレーション」によって家の性能や実際の住み心地、室内の温度、お湯採りの温度などを具体的に検証します。

一般的な家づくりでは、このような家の性能や住み心地を予測するのは難しいものですが、OMシミュレーションによって、暮らし始めてからの「快適」を確認でき、プランを再検討できるのも「快適を科学する」OMソーラーならではと言えます。

 
OMのしくみをもっと分かりやすく! ≫

OMソーラー

ざいまんの家|OMソーラーの家

ページトップへ